レジデントがチェックしておきたい先輩医師のインタビュー

  • 先輩医学生に聞く!医学生が聞きたい本音トーク
  • 先輩研修医に聞く!研修医に役立つ聞きたい話!
  • ズバリ指導医に聞く!知りたい!?指導医の本音!

本音トーク大公開!
ズバリ聞く!?どんな医師をめざす?
臨床研修を前に、どんな医師を目指すか、また将来のドクターライフプランを直撃!

今回は、某大学の医学部に通う現在4年の田中 功治さんに、医学生として多忙な毎日を送る中、バイトと学業のバランスなど苦労したところを本音で語っていただきました!

インタビュアー そもそも医学を目指したきっかけは?
田中 功治 実家は普通のサラリーマンの家庭。兄弟6人の大家族で育ち、子供の頃は、いつも兄弟誰かが風邪引いたり、熱を出したり、ホントにいつも小児科に通っている状況でした(笑)
そこで診察してくれていた小児科の先生がとても優しくて・・・。
そもそもその先生に憧れて医学を目指したのかもしれません。
インタビュアー 現在希望の診療科はありますか?また、その理由をお聞かせ下さい。
田中 功治 小児科を希望しています。
もともと、大家族出身で長男だったので、弟妹の面倒を見るのは当たり前。そういう環境も影響されてると思います。
また、きっかけが小児科の先生への憧れがあったので正直小児科以外はあまり考えられないですね。
子供の病気は子供自身に責任はないので…。あとは、やっぱり子供がかわいい!
インタビュアー 今後の進路・キャリアデザインを考えていますか?
田中 功治 まずは小児科専門医の資格をとって、患児を全体的に診れる小児科医を目指したいと思います。
また、地域に密着した医療に携わりたいと考えているので、将来は開業医を目指したいと考えています。
インタビュアー 苦学生と聞きましたが・・・学業とバイトのバランスなど苦労した点を教えてください。
田中 功治 実家が普通のサラリーマン&兄弟6人という家庭なので、援助を頼むわけには行きません。なので、いくら奨学金があっても、バイトでの収入は必須の現状。
正直何とかなるだろうって気楽な気持ちで大学に入りましたが、思っていた以上に忙しい状況・・・。とにかく覚える事が多いですし実習なんかも。国家試験を前に試験対策の事を考えると、長時間アルバイトで時間を使うのは不安です。ただ実際に医療現場に入っても同じような状況。一足先に予行練習といった感じですね(笑)
インタビュアー どんなアルバイトを経験しましたか?
田中 功治 ずっと続けているのは、家庭教師。小児科を希望としていますので勉強だけではなく、生徒の心理面など勉強になる事は多いですね。あと、引越しの業者のアルバイト!かなり体力勝負ですが、報酬もいいですし、体力をつけるのにもってこいだったり(笑)実際に医療現場で働く場合も体力は不可欠ですから!

また、アルバイト先でも色々な人と出逢い、勉強になります。色々な経験が人間的にも自分を大きく成長させ、よりよい医師になる糧になればとがんばっています!
インタビュアー 国家試験対策としてなにか勉強のコツなどありますか?
田中 功治 やはり勉強にかける時間というのは限られています。なので朝型で短時間集中型で勉強しています。
夜はアルバイトなどで遅く、どうしても眠くなります。そういう時に勉強しても、あまり効果がないので、眠いときには睡眠をとり、朝早くに勉強するようにしています。これが意外と効果的で、かなり短時間で頭に入ります!
そのお陰かどうか、合間にどこでもすぐに寝れる特技が身に付きました!

プロフィール

田中 功治
TAKANASHI RYOUTA
現役医学生(2010年現在) 22歳
集中力と合間があったら眠る事!
これって将来意外に役に立つのではと思っています!