レジデントがチェックしておきたい先輩医師のインタビュー

  • 先輩医学生に聞く!医学生が聞きたい本音トーク
  • 先輩研修医に聞く!研修医に役立つ聞きたい話!
  • ズバリ指導医に聞く!知りたい!?指導医の本音!

研修医の給料でどうやりくりしている?研修医時代は意外と大変・・他では聞けない本音トークでズバリ聞く!レジデントインタビュー先輩研修医に聞くVol.03

今回は、前期(ジュニア)レジデントの加納輝彦さんに、研修医期間のライフスタイルや、研修医の給料での意外と大変な生活など、他では聞けないズバリ本音トークを直撃インタビュー!

インタビュアー まずは医師を目指したきっかけからお聞かせください。
加納 輝彦 そもそものきっかけ学生時代のボランティアで人のためになる仕事につきたいという漠然とした想いからです。進路を決めないといけない時期に、色々考えた末に、人のためになっていることを実感できる仕事に就きたいと思い、医師を目指すようになりました。
インタビュアー 初期研修の病院として、この病院を選んだ理由をお話しください。
加納 輝彦 二次救急としてプライマリケアを研修するのに、非常に恵まれている病院だということ。各科をローテーション
しますが、救急外来の初診診療や救急のファーストタッチである救急車対応など、実践で学べるということ。

また、病院敷地内に宿舎があり一人住まいにしては広いし、清潔で、病院の側にあるので便利です。それに何より家賃が安い!ということもこの病院を選んだ理由の一つです。
インタビュアー 病院敷地内の宿舎の住み心地はどうですか?
加納 輝彦 現在は研修医が全員同じ宿舎に住んでいますので、食事会や飲み会をして交流を深められるのもいいですね。
インタビュアー 研修医の給料は満足のいくものですか?
加納 輝彦 満足はしています。但し、位学生時代の学費ローンなどを考えると、現実派厳しいところもあります。なので、病院施設内に安価な宿舎がある病院を必須条件に研修先を選んだのが実情です。但し、自分の将来に関わる事なので、もちろん自分の希望する診療科や将来の進路に合わせて慎重に検討した結果ですが!
インタビュアー 臨床研修病院を選ぶ際のアドバイスをお願いします。
加納 輝彦 研修医勉強会など、研修についてしかわからない事もありますが、検討だけででなく、研修医が直接伝える事のできる機会が多い方がいいと思います。また自分が対応した症例の手術や緊急検査に立ち会えたり、珍しい症例等には参加できるかなど、事前に研修先に聞いてみるのもいいですね。自分の学びたい事ができるのか?がやはりポイントですので、事前のプログラム情報だけでは、不十分だと思います。

また、大学病院・市中病院・開業医など将来のドクターライフプランに応じて生涯収入なども変わってきます。やりがいと同時にそういうライフプランも考慮に入れ、慎重に選ぶのは大切だと思います
インタビュアー そういった一面もあるのですね。
臨床研修制度について、ご意見をお願いします。
加納 輝彦 一概にコメントしにくいですが、現場の労働環境や研修医の処遇を国側がもっとバックアップしていただけるような制度にもっていっていただけると助かりますね。受け入れの側の病院の環境や条件も様々ですので・・

プロフィール

加納 輝彦
TERUHIKO KANOU
前期レジデント(2010年時点)
生死に関わる仕事ですので、いつも患者さんに落ち着いて向き合う事が出来るように、自分なりにストレス解消やリフレッシュする方法を学ぶ事も大切です。
忙しくて、休養をとるために休日は昼まで睡眠ということもありがちですが、趣味等を楽しんで精神的にもリフレッシュする時間を無理やりでも作るのは大事だと思います!