R-SQスタイル:R-SQでは研修先の選び方から、ライフプランまで特集でPICK UP!!

気になる研修医の給料って?

研修医の給料って病院と診療科により千差万別!
医学部卒業後、国家試験にパスした研修医の平均年収は300~400万円程度と言われています。かつての研修医は無給に近かったのですが、臨床研修の制度が大幅に変更されたことにより、この位の収入が得られるようになりました。
Check.1 研修医の平均月収は?

初期研修時・後期研修時の違いは、キャリアの差。あくまで、目安ですが、国公立病院(大学病院)と民間病院(市中病院)では、およそ10万円程度の月収差があります。ただ、雇用の際の身分(正職員や非常勤など)に違いがあります。

初期研修時
国公立病院 30万/月
民間病院  30~40万/月

後期研修時(卒後3年~)
国公立病院 30~40万/月
民間病院  50万~/月

※これはあくまでも目安となる金額です

POINT

新臨床研修制度では一応「月額30万円以上」という基準が国から提示されていますが、あくまで基準であり規則ではありません。公立病院等は30~40万、民間病院では50万以上の所もありますが、正職員ではない事が多いので、福利厚生は期待できません。それに、バイト禁止の病院も多いので金銭的には楽ではないと思います。

Check.2 研修医後の進路により医師の生涯収入が異なるって?

研修医時代の稼ぎの差は特にありません。収入に差がでてくるのは、研修医を終えたあとの医師としての進路によります。

POINT

選択.01:大学病院の医局勤務
選択.02:市中病院勤務
選択.03:開業医

医師平均年収 過去8年間の推移
平成20年 医師 平均年収:1159.5万円
平均年収:1159.5万円
平均月収:88.9万円
平均時給:5079.4円
年間賞与等:92.8万円
平均年齢:40.9歳
平均勤続年数:4.8年
総労働時間:175時間/月

※上記医師統計は厚生労働省の調査で、抽出調査となっています。そのため、平均年齢、勤続年数、復元労働者数(調査から推計した労働者数)、総労働時間及び男女割合は調査上の数字であり、実際の数字とは異なります。ご注意ください。また、年間賞与等は平均年収に含まれます

POINT

選択.01 大学病院の医局勤務の場合

大学病院の医局に進んだ医師の場合の平均的な目安
20代後半~30代前半の医師:300~600万円くらい
講師 :700万円台
助教授:800万円台
教授:1,000万円前後

POINT

選択.02 市中病院の勤務の場合

市中病院に進んだ医師の場合の平均的な目安
スタート時の医師:600~800万円くらい
5~10年後の医師:1,000万円台
部科長クラスの医師:1,500万円超
院長:2,000万円くらい

POINT

選択.03 開業医の場合

開業医の場合の医師の平均的な目安
小規模の診療所やクリニックの開業医の場合、ピンキリですが軌道に乗れば平均で年商2,000~3,000万円位になります。しかし、この額が医者の収入としてそのまま懐に入るわけではありません。ゼロから開業するとなると膨大な資金が必要になります。

レントゲン1台、中古でも数百万円、新品なら1,000万円以上します。初期投資に1億円以上かかったという病院も珍しくありません。結局、医師として年商2,000~3,000万円稼いでも手元に残るのはその半分くらいといえます。また、開業後しばらくの間は借入金の返済に追われる日々となります。

しかし、近年では高齢化による福祉事業も盛んです。例えば、医療と福祉を融合させた様々なビジネスチャンスがあります。医師としての本業に加え、周辺知識の研鑽を図りながら事業を拡大することで、従来以上の収入も期待できるでしょう。

ただし下記に掲載している医師不足の問題により、近年、勤務医を嫌い、開業医を志す医師が増えてきています。このまま開業医が増えますと将来的に需給バランスが崩れますので、今までのような収入を確保するのが難しくなります。従来以上に、周到なマーケット戦略、高度な経営判断が問われる時代になるでしょう。