R-SQスタイル:R-SQでは研修先の選び方から、ライフプランまで特集でPICK UP!!

海外への臨床留学基礎知識

海外留学の意義とは?!
現在、大多数を占めるのが大学医局からの研究留学である。しかし、これは日本の医局における箔付けでしかなく、目的意識を低い為、得るものも少ないのではないでしょうか。一方、対極的なのが医師として技術を磨く為の臨床留学である。ここでは完全な実力だけの厳しい世界が待っており、その分得るものは大きいといえよう。
Check.1 臨床留学するには?

医師として海外で勤務するにはいくつかの手段があります。

海外で医師として活動するには、日本の医師免許の海外適用ケースなどの例外を除き、その国の医師免許取得が必要。
海外での医師免許取得は、一般学生として医科大学で学ぶ方法、日本の医師免許所持者が現地の臨床研修や試験などを経て取得する方法があるが、 医師資格取得に臨床研修を必要とする国では、臨床研修ができなければ、事実上、現地医師免許を取得することはできない。

01:大学病院や海外と関係のある病院から派遣
02:臨床を伴わない研究留学

01:日本の医師免許で海外で医者をやるために大学なり病院なりが身分を保障

海外との繋がりのある病院で研修をして、準備ができたら推薦状を教授なりに書いていただいて派遣される、という形で、要は日本の医師免許で海外で医者をやるために大学なり病院なりが身分保障をするということです。

02:日本人医師が研究留学できる国々

臨床を伴わない研究留学の場合は、一般的な留学と同様に、受け入れ先があれば多くの国で可能。医師資格に臨床研修を必要としない国では、資格試験のみにて現地医師免許を取得できる場合がある。

POINT

日本の医師免許所持者の海外留学には、臨床研修と研究留学の二通りがある。生活できるだけの給与を支給されるのは臨床研修。研究留学の場合はさまざまで、支給給与のみで生活できないは場合も多い。
国によって受け入れ規定や手続きは異なるものの、重要なのは、海外の医療機関や研究機関に採用され、事実上就労している場合でも、立場はあくまで研修生・研究生。
自国で取得した医師免許所持者の医療技術向上を目的とする場合、またはその国の医師免許取得を目的とするものであって、単純就労という考え方であってはならない。

Check.2 主要国の医師免許と外国人の取得、臨床・研究留学するためには国によって条件が異なります

主要国の医師免許と外国人の取得、臨床・研究留学するためには国によって条件が異なります

 

選択.01:大学病院の医局勤務
選択.02:市中病院勤務
選択.03:開業医 ニュージーランド アメリカ カナダ イギリス ドイツ フランス

POINT

■ニュージーランド

ニュージーランドで医療活動を行うには現地医師免許の取得と登録が必要です。
>Medical Council of New Zealand 

POINT

■アメリカ

医師免許
アメリカの医師免許は州ごとに資格審査、試験を行ない、その地域で通用する医師免許証を発行。通常2~3年ごとに免許証は更新され、更新時には講習の受講が必要で、連邦政府の医師免許証というものは存在しない。

外国人の取得
外国人医師が医師免許証を取得するには、アメリカでの1~2年の臨床研修が必要。
ただしアメリカは医師が過剰傾向にあり、外国人医師の臨床研修を制限する傾向があると共に、アメリカで開業するには米国医師免許に加え、移民査証(永住権)の取得が必要。

臨床研修.研究留学
臨床研修するためには定められた試験に合格することが必要。
研究留学の場合は、留学先の確保のみ必要で、試験などはなし。
査証資格は就労が可能なJ査証またはH査証。

医科大学
アメリカの医大は卒業するとDoctor of Medicine(M.D)、Doctor of Osteopathy(D.O)の称号がもらえる。開業するにはUSMLE Step3に合格することが必要。医科大学のレベルは高く、日本の大学院レベルに相当。
>アメリカ医師会

POINT

■カナダ

医師免許
医師免許は州ごとに資格審査、試験を行ない、その地域で通用する医師免許証を発行。

外国人の取得
外国人への医師免許を制限している州もある。

臨床研修.研究留学
外国人医師がカナダの医師免許を取得するには1年間の臨床研修が必要。
臨床研修するためには、定められた試験(Medical Council of Canada Evaluating Examination)
に合格することが必要。研究留学の場合は試験不要。

POINT

■イギリス

医師免許
規定の学問を履修した者のみ医師登録が可能。

外国人の取得
イギリスで外国人医師が臨床研修するにはlimited registrationが必要。
登録には2通りがあり、PLABテストへの合格と研修先を必要とする方法、ODTSと呼ばれる専門
医研修システムに参加する方法がある。
臨床を行わない研究留学の場合は、留学先の確保のみ必要で試験などはない。

臨床研修.研究留学
イギリスの医師免許所持者は、ポイント制永住権制度の査定にて50点が加算される。

POINT

■ドイツ

医師免許
ドイツの医師免許は医大卒業後、2年間の研修を経て州が発行。

外国人の取得
原則として日本人がドイツの医師免許取得や臨床研修することはできません。但し雇用情勢が
好調時に限り、例外として最長5年間を限度に臨床研修の許可を得られる。

臨床研修.研究留学
研究留学は、留学先が確保できれば自由に行え、試験はなし。但し、ドイツの病院からの受け入
れ承諾の証明書と滞在費用証明が必要。また臨床研究が含まれている場合は、留学先の病院
を通じて、州当局(Regierungspraesidium)の医師活動許可(Erlaubnis zur voruebergehenden
Ausuebung des aerztlichen Berufes gemaess/10 Bundesaerzteordnung)の取得が必要。
>ドイツ医師会

POINT

■フランス

医師免許
フランスの医師免許はインターンを含めて8年間の学習の後に発行。

外国人の取得
日本人医師がフランスで診療活動や臨床研修を行うことは、例外を除き、原則的に認められない。

臨床研修.研究留学
研究留学の場合は、フランス人医師同伴環境の場合を除き、診療許可のための試験合格が必要。

POINT

留学への心構え

英語で臨床をやるのは生半可な英語力では務まりませんから・・。日本語でも患者さんに安心してもらうための説明には相当に充分な日本語力が必要ですからね。

「海外で研修を始める」のであればやはりUSMLEを取ってアメリカで研修を始めるのが無難なのではと思います。
「日本で研修をして力をつけてから海外に行く」のであれば専門科にもよりますがたくさんあると思います。
あらかじめ海外勤務を視野に入れていることを伝えた上で十分に研修をしてそれから行くチャンス・タイミングを待つという形になるでしょう。

国境なき医師団であれば一定の力量があればどこの病院所属でも参加は可能と思います。もちろん国境なき医師団の研修を受けてからですが。

いずれにしても時間のとれる学生時代に英語を完璧にすることが第一歩だと思います。日本で英語力をつけるのは効率が悪いので状況が許すのであれば1年くらい休学して語学留学に行くというのもひとつの手段です若いうちに1年海外にいれば相当な語学力をつけられると思います。
医者になってから語学力を磨くのは至難の技だと思います。